デザイン性の高い注文住宅づくりなら渋谷ホーム

住宅建築の敷地規制せっかく注文住宅を建てるのだから、敷地のスペースを十分に活用したいと思う人がほとんどでしょう。とくに限られた敷地の場合、家の面積をできるだけ広く取りたいと思うはずです。その際に覚えておかなければならないのが敷地規制です。


道路の幅によって家を建てられる範囲に規制が加えられることがあるのです。原則として敷地とは幅4m以上の道路に2m以上接していることが条件になります。つまり細い通路でのみ道路と接している敷地では家を建てることができないのです。そして幅4m未満の狭い道路としか面していない場合でも同様です。

問題なのは幅が4mに満たない道路と面している場合。絶対に家を建てることができないわけではなく、定められた規制をクリアする形で建てることができます。道路の中心線から2m以上距離を置いた状態で家を建てるのです。たとえば道路の幅が2mしかない場合、敷地との境界線から1m後退した位置から家を建てられる形となります。いわばこの1mの部分は空白となるわけです。


注文住宅を建てる際にはこうした敷地規制に関しても考慮しておきましょう。更地の状態で土地をチェックする場合にはなおのことです。接している道路の幅がどの程度か、どの程度まで家の面積を広げることができるのか、注文住宅を建てる前にはあらかじめ確認したうえで間取りの検討行う必要があるのです。もちろん、不動産業者や工務店もこの点については説明してくれますが、途中でプランの変更に迫られることがないよう、自分で確認しておくことが大事です。